商品検索

ドローンレンタルセンター

店舗住所 〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-17 SCビル赤坂7F
店舗電話 03-6459-1121 営業時間 10:00~19:00(土日祝休み)

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

詳細情報

DJI Mavic 3 Multispectral Mavic 3M (RC Pro Enterprise 送信機)

■型番 

料金表

1日料金:
日数割引後の料金:
往復配送費(税込):
※レンタル開始後に期間を延長する場合、延長料金は延長1日目から新たにレンタルしていただいた扱いでの料金となります。
※複数日のレンタル期間を選択していただいた方は「日数割引後の料金」に日数割引適用後の料金が表示されます。
※往復の配送費はカートに入れた後に自動計算で加算されます。
21,500円(税抜)
通常送料
ご利用日を選択してください
2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
発送日
納品/店頭受取日
ご利用日
返却 昼12時迄発送
※利用最終日翌日昼12:00までにコンビニやヤマト営業所にて返却発送、もしくは来店返却ください。
※北海道・九州などヤマト運輸で2日かかる地域の発送日は1日前倒しになります。発送日が土日祝日の場合、前営業日に発送いたします。
※表示されている在庫数は目安です。複数店舗で在庫共有しており在庫更新のタイミングによりご予約が埋まっている可能性もあります。注文いただいた後に担当者より連絡させて頂きます。
2日以上の利用日でレンタルする
この商品は 2 人がお気に入りに登録しています
数量:
1日料金
21,500円(税抜)
23,650円(税込)
2日料金
26,000円(税抜)
28,600円(税込)
3日料金
30,500円(税抜)
33,550円(税込)
4日料金
35,000円(税抜)
38,500円(税込)
5日料金
39,500円(税抜)
43,450円(税込)
6日料金
44,000円(税抜)
48,400円(税込)
7日料金
48,500円(税抜)
53,350円(税込)

製品URL

製品マニュアル

本日の発送

レンタル日数の算出方法

受取

ご利用開始日の前日に商品受け取り

機材の動作チェック、故障の有無、付属品などの同梱物をご確認ください。

返却

ご利用最終日の翌日昼12:00までにコンビニ等にて発送手続き、または弊社ご来店にて返却。

ご利用最終日もしっかり撮影を行うことができます。

期間

1日から最長1ヵ月までを設定しております。

それ以上の期間でのご利用をご希望の方は別途お問い合わせください。

商品詳細

DJI Mavic 3 Multispectral  農業の「見える化」を促進

型番 3M

効果的な航空測量では、目には見えない情報を見える化する必要があります。Mavic 3 Multispectral (Mavic 3M)は、RGBカメラとマルチスペクトル カメラの2種類のカメラを搭載し、これらのカメラで作物を詳細にスキャンし、作物の生育状況を分析できます。Mavic 3Mは、農業生産管理に必要な高い精度の詳細データをを提供し、農業の「見える化」を促進します。

本体と付属品

ドローン機体本体(※RTKモジュールはオプション品です) ストレージクランプ(本体装着済) DJI-RC PRO ENTERPRISE送信機 (送信機スティック装着済)
送信機スティック(予備) プロペラ(予備4本) バッテリー1本(本体装着済)
充電ハブ(100W) USB-C パワーアダプター(100W) ACケーブル
Type-Cケーブル microSDXCカード 64GB MicroSD USBリーダー
デジタル風速計 マニュアル一式 ハードケース

主な特徴

マルチスペクトル + RGB撮像システム 高度に統合された撮像システム

20 MPのRGBカメラ 1台と5 MPのマルチスペクトル カメラ 4台(グリーン、レッド、レッドエッジ、近赤外)を搭載し、新たにアップグレードした撮像システムは、高精度航空測量、作物の成育モニタリング、天然資源調査などに応用できます。

日照センサー

内蔵の日照センサーが太陽放射照度を捉え、画像ファイルにその情報を記録するため、2D再構築中に画像データの光量を補正することができます。これにより、正確なNDVI(正規化差植生指数)データが得られ、時間をかけて取得したデータの精度や一貫性を高く保つことができます。

RTKモジュール

細部まで詳細に捉える高精度画像
Mavic 3Mは、cmレベルでの測位を実現するRTKモジュールを搭載しています。フライトコントローラー、カメラ、RTKモジュールをマイクロ秒単位で時刻同期し、各カメラで撮影する画像の中心点が正確に合うようにして撮影します。これにより、Mavic 3Mは、地上基準点を使用しなくても、高精度な航空測量を行えます。※別途オプション RTKモジュール使用時

【その他特徴】

・5 MP マルチスペクトル カメラ
グリーン (G):560 ± 16 nm
レッド (R):650 ± 16 nm
レッドエッジ (RE):730 ± 16 nm
近赤外 (NIR):860 ± 26 nm
・4/3型CMOS 20 MPイメージセンサー
・DJI O3 Enterprise伝送

仕様

機体

正味重量(プロペラとRTKモジュールを含む)[1] 951 g
最大離陸重量 1050 g
サイズ(折りたたみ時/展開時) 折りたたみ時(プロペラなし):223×96.3×122.2 mm(長さ×幅×高さ)
展開時(プロペラなし):347.5×283×139.6 mm(長さ×幅×高さ)
対角線長 対角:380.1 mm
最大上昇速度 6 m/s(ノーマルモード)
8 m/s(スポーツモード)
最大下降速度 6 m/s(ノーマルモード)
6 m/s(スポーツモード)
最大飛行速度(海抜ゼロ地点、無風) 15 m/s(ノーマルモード)
前方飛行:21 m/s、側方飛行:20 m/s、後方飛行:19 m/s(スポーツモード)[2]
最大風圧抵抗 12 m/s [3]
運用限界高度(海抜) 6000 m(ペイロードなし)
最大飛行時間(無風時) 43分 [4]
最大ホバリング時間(無風時) 37分 [5]
最大飛行距離 32 km [6]
最大傾斜角度 30°(ノーマルモード)
35°(スポーツモード)
最大角速度 200°/s
GNSS GPS + Galileo + BeiDou + GLONASS(GLONASSは、RTKモジュールが有効の場合にのみ対応)
ホバリング精度範囲 垂直:±0.1 m(ビジョンポジショニング有効時)、±0.5 m(GNSSポジショニング有効時)、±0.1 m(D-RTK有効時)
水平:±0.3 m(ビジョンポジショニング有効時)、±0.5 m(高精度ポジショニング有効時)、±0.1 m(RTK有効)
動作環境温度 -10℃~40℃
内部ストレージ なし
モーター型式番号 2008
プロペラ型式番号 9453F(Enterprise製品用)
日照センサー 内蔵モジュール

RGBカメラ

イメージセンサー 4/3型CMOS、有効画素数:20 MP
レンズ FOV:84°
焦点距離(35 mm判換算):24 mm
絞り:f/2.8~f/11
フォーカス:1 m~∞
ISO感度 100~6400
シャッター速度 電子シャッター:8~1/8000秒
メカニカルシャッター:8~1/2000秒
最大静止画サイズ 5280×3956
写真撮影モード シングル撮影:20 MP
タイムラプス:20 MP
JPEG:0.7/1/2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
JPEG + RAW:3/5/7/10/15/20/30/60秒
パノラマ:20 MP(オリジナル素材)
動画解像度 H.264:
4K:3840×2160@30fps
FHD:1920×1080@30fps
最大動画ビットレート 4K:130 Mbps
FHD:70 Mbps
対応ファイルシステム exFAT
静止画フォーマット JPEG/DNG (RAW)
動画フォーマット MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)

マルチスペクトル カメラ

イメージセンサー 1/2.8インチCMOS、有効画素数:5 MP
レンズ FOV:73.91° (61.2° × 48.10°)
焦点距離(35 mm判換算):25 mm
絞り:f/2.0
フォーカス:固定焦点
マルチスペクトル カメラ 波長帯域 グリーン (G):560 ± 16 nm
レッド (R):650 ± 16 nm
レッドエッジ (RE):730 ± 16 nm
近赤外 (NIR):860 ± 26 nm
ゲイン範囲 1倍~32倍
シャッター速度 電子シャッター:1/30~1/12800秒
最大静止画サイズ 2592×1944
静止画フォーマット TIFF
動画フォーマット MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)
写真撮影モード シングル撮影:5 MP
タイムラプス:5 MP
TIFF:2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
動画解像度 H.264
FHD:1920×1080@30fps
動画コンテンツ:NDVI/GNDVI/NDRE
最大動画ビットレート ストリーム:60 Mbps

ジンバル

安定化システム 3軸メカニカルジンバル(チルト、ロール、パン)
機械的可動範囲 チルト:-135°~45°
ロール:-45°~45°
パン:-27°~27°
操作可能範囲 チルト:-90°~35°
パン:操作不可
最大制御速度(チルト) 100°/s
角度ぶれ範囲 ±0.007°

検知システム

検知システムタイプ 全方向デュアルビジョンシステム、機体底部にある赤外線センサーを使用
前方 測定範囲:0.5 m~20 m
検知範囲:0.5 m~200 m
有効検知速度:飛行速度 ≤15 m/s
FOV:水平 90°、垂直 103°
後方 測定範囲:0.5 m~16 m
有効検知速度:飛行速度 ≤12 m/s
FOV:水平 90°、垂直 103°
側方 測定範囲:0.5 m~25 m
有効検知速度:飛行速度 ≤15 m/s
FOV:水平 90°、垂直 85°
上方 測定範囲:0.2 m~10 m
有効検知速度:飛行速度 ≤6 m/s
FOV:前方/後方 100°、左方/右方 90°
下方 測定範囲:0.3 m~18 m
有効検知速度:飛行速度 ≤6 m/s
FOV:前方/後方 130°、左方/右方 160°
動作環境 前方、後方、左方、右方、上方:地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15ルクス超で、室内の蛍光灯など通常の露光レベルの環境)
下方:反射率が20%を超える拡散反射面(壁、木、人など)で、適切な明るさのある状態(15ルクス超で、室内の蛍光灯など通常の露光レベルの環境)

映像伝送

映像伝送システム DJI O3 Enterprise伝送
ライブビュー品質 送信機:1080p/30fps
動作周波数 [7] 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合)[8] FCC:15 km
CE:8 km
SRRC:8 km
MIC(日本):8 km
最大伝送距離(電波干渉がある場合)[9] 強い干渉(都市部、住宅地など):1.5~3 km (FCC/CE/SRRC/MIC(日本))
中程度の干渉(郊外、街中の公園など):3~9 km (FCC)、3~6 km (CE/SRRC/MIC(日本))
弱い干渉(遠隔地、開けた圃場など):9~15 km (FCC)、6~8 km (CE/SRRC/MIC(日本))
最大ダウンロード速度 15 MB/s(DJI RC Pro Enterprise送信機 使用時)
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存) 約200 ms
アンテナ アンテナ4本、2T4R
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dbm (fcc)、<20 (ce>5.8 GHz:<33 dBm (FCC)、<30 dBm (SRRC)、<14 dBm (CE)
その他 DJIセルラーモジュール対応

DJI RC Pro Enterprise

映像伝送システム DJI O3 Enterprise伝送
最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合)[8] FCC:15 km
CE:8 km
SRRC:8 km
MIC(日本):8 km
映像伝送 動作周波数 [7] 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
アンテナ アンテナ4本、2T4R
映像伝送 伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dbm (fcc)、<20 (ce>5.8 GHz:<33 dBm (FCC)、<14 dBm (CE)、<23 dBm (SRRC)
Wi-Fi プロトコル 802.11 a/b/g/n/ac/ax
2×2 MIMO Wi-Fi対応
Wi-Fi 動作周波数 [7] 2.400~2.4835 GHz
5.150~5.250 GHz
5.725~5.850 GHz
Wi-Fi 伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<26 dbm (fcc)、<20 (ce>5.1 GHz:<26 dbm (fcc)、<23 (ce>5.8 GHz:<26 dbm (fcc>
Bluetooth プロトコル Bluetooth 5.1
Bluetooth 動作周波数 2.400~2.4835 GHz
Bluetooth 伝送電力 (EIRP) <10 dBm
画面解像度 1920×1080
画面サイズ 5.5インチ
画面フレームレート 60 fps
画面輝度 1000ニト
タッチ画面 10ポイントのマルチタッチ対応
バッテリー リチウムイオンバッテリー(5000 mAh、7.2 V)
充電タイプ DJI USB-C電源アダプター (100 W)、もしくは12V/15VのUSB充電器での充電を推奨
定格出力 12 W
ストレージ容量 内部ストレージ (ROM):64 GB microSDカードで容量を拡張可能
充電時間 約1時間30分(DJI USB-C電源アダプター (100 W)で送信機のみを充電時、または15 VのUSB充電器で充電時に測定)
約2時間(12 VのUSB充電器使用時)
約2時間50分(DJI USB-C電源アダプター (100 W)で機体と送信機を同時に充電時)
動作時間 約3時間
動画出力ポート Mini-HDMIポート
動作環境温度 -10℃~40℃
保管環境温度範囲 1ヶ月未満:-30℃~60℃
1ヶ月~3ヶ月:-30℃~45℃
3ヶ月~6ヶ月:-30℃~35℃6ヶ月以上:-30℃~25℃
充電温度範囲 5℃~40℃
対応DJI機体 [10] DJI Mavic 3E
DJI Mavic 3T
DJI Mavic 3M
GNSS GPS + Galileo + GLONASS
サイズ アンテナを折りたたんだ状態で、操作スティックを取り付けていない場合: 183.27×137.41×47.6 mm(長さ×幅×高さ) アンテナを展開した状態で、操作スティックを取り付けている場合: 183.27×203.35×59.84 mm(長さ×幅×高さ)
重量 約680 g
モデル番号 RM510B

ストレージ

対応microSDカード 機体:
スピードクラスV30以上のメモリーカードを使用するか、推奨リストのメモリーカードを使用してください
推奨microSDカード 送信機:
SanDisk Extreme PRO 64GB V30 A2 microSDXC
SanDisk High Endurance 64GB V30 microSDXC
SanDisk Extreme 128GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme 256GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme 512GB V30 A2 microSDXC
Lexar 667x 64GB V30 A2 microSDXC
Lexar High-Endurance 64GB V30 microSDXC
Lexar High-Endurance 128GB V30 microSDXC
Lexar 667x 256GB V30 A2 microSDXC
Lexar 512GB V30 A2 microSDXC
Samsung EVO Plus 64GB V30 microSDXC
Samsung EVO Plus 128GB V30 microSDXC
Samsung EVO Plus 256GB V30 microSDXC
Samsung EVO Plus 512GB V30 microSDXC
Kingston Canvas Go! Plus 128GB V30 A2 microSDXC
Kingston Canvas React Plus 128GB V90 A1 microSDXC

機体:
SanDisk Extreme 32GB V30 A1 microSDHC
SanDisk Extreme PRO 32GB V30 A1 microSDHC
SanDisk Extreme 512GB V30 A2 microSDXC
Lexar 1066x 64GB V30 A2 microSDXC
Kingston Canvas Go! Plus 64GB V30 A2 microSDXC
Kingston Canvas React Plus 64GB V90 A1 microSDXC
Kingston Canvas Go! Plus 128GB V30 A2 microSDXC
Kingston Canvas React Plus 128GB V90 A1 microSDXC
Kingston Canvas React Plus 256GB V90 A2 microSDXC
Samsung PRO Plus 256GB V30 A2 microSDXC

バッテリー

容量 5000 mAh
標準電圧 15.4 V
最大充電電圧 17.6 V
バッテリータイプ LiPo 4S
材料 コバルト酸リチウム
電力量 77 Wh
重量 335.5 g
充電温度範囲 5℃~40℃

バッテリー充電器

入力 100 V~240 V (AC)、50 Hz~60 Hz、2.5 A
出力電力 100 W
出力 最大出力電力100 W(合計)
両ポートを使用している場合、1つのインターフェイスの最大出力は82 Wです。充電器は、電力負荷に従って2つのポートの出力を動的に割り当てます。

充電ハブ

入力 USB-C:5 V~20 V、5.0 A
出力 バッテリーポート:12 V~17.6 V、8.0 A
定格出力 100 W
充電タイプ 3つのバッテリーを順番に充電
充電温度範囲 5℃~40℃

RTKモジュール

サイズ 50.2×40.2×66.2 mm(長さ×幅×高さ)
重量 24±2 g
インターフェース USB-C
電力 約1.2 W
RTK測位精度 RTK Fix:
水平:1 cm + 1 ppm、垂直:1.5 cm + 1 ppm
※記載の数値に誤差が生じる場合があります。
※製品の仕様は予告なく変更になる場合があります。
1. 機体の標準重量(バッテリー、プロペラ、microSDカードを含む)です。実際の製品重量は、バッチ材料や外的要因により多少異なる場合があります。あくまで参考値としてご使用ください。
2. EUでの最大速度は、19 m/sを超えることはできません。
3. 離着陸時の最大風圧抵抗のことを示します。
4. DJI Mavic 3Mを、無風環境下の海抜高度で、バッテリー残量が0%になるまで定速36 km/hで飛行させて測定。この値は、あくまで参考値です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(ホーム帰還)に関するプロンプトにご注意ください。
5. DJI Mavic 3Mを、無風環境下の海抜高度で、バッテリー残量が0%になるまでホバリングさせて測定。この値は、あくまで参考値です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(ホーム帰還)に関するプロンプトにご注意ください。
6. DJI Mavic 3Mを、無風環境下の海抜高度で、バッテリー残量が0%になるまで57.6 km/hで飛行させて測定。この値は、あくまで参考値です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(ホーム帰還)に関するプロンプトにご注意ください。
7. 一部の国や地域では、5.8/5.1 GHzの周波数の使用が禁止されている場合があり、また、5.1 GHz周波数が屋内での使用のみ許可されている場合もあります(日本では、5.8 GHz帯は使用不可)。ご使用前に、現地の法規制を確認してください。
8. 電波干渉および障害物のない屋外環境で飛行した際の測定値です。この値は、一方向の最大通信距離を示します。各基準に準拠した環境で、機体を真っ直ぐに飛ばし、ホームに引き返すことのない状態で測定したもので、あくまで参考用です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(ホーム帰還)に関するプロンプトにご注意ください。
9. 各基準に準拠し、障害物がなく、一般的な干渉のある環境下で測定。実際の飛行距離は異なる場合があるため、この値はあくまで参考用です。
10. DJI RC Pro Enterpriseは、今後、DJIの他のドローンモデルにも対応する予定です。

関連商品