TOP / その他サービス・産業用空中ドローン

OTHER SERVICES

その他のサービス

産業用・空中ドローン

サービスのお申し込みはこちら

INDUSTRIAL
AERIAL-DRONE

産業用 空中ドローン

土地測量・3D解析や事前の
簡易的な土地測量調査

ドローンで取得したデータの処理・解析を実現する
3次元データ処理・解析プログラムを導入し、
簡易的な土木測量だけでなく物流・災害救援・点検・農業など
様々な産業用空撮を行っております。
正確な測量調査をする前の簡易的な事前調査などにも役立ちます。
ドローンで撮影された画像から3D、
標高差、オルソ画像を生成可能です。

オルソ図

等高線DSM

点群データ

距離・高度・面積・体積・角度・断面などの計測が可能。

調査事例

  • 工事現場の
    簡易測量

    測量作業時間とデータ生成コストを削減

  • 作業現場の
    安全確認

    日々変わる地形を把握し、安全確認に利用

  • 團場の均平調査

    均平作業前後の高低差比較を安価に早く実現

  • 建築物の
    経年劣化調査

    足場を組まずに確認し、安全性の向上とコスト削減を実現

  • 建設候補地の
    スクリーニング

    設置場所の地形を簡単に確認し、工法・コスト試算を効率化

  • 災害発生時の
    状況把握

    迅速な被災状況把握、災害前後の差分解析、復興計画の基礎資料として活用

  • ドローンデータ
    から3D模型制作

    ドローンのデータから点群データ生成し、3Dプリンターで模型簡単製作

使用する機体

DJI Phantom4 RTK / Pro / Pro +

  • 標定点(GCP)不要でRTK測位による高精度な測量が可能
  • 1インチCMOS 2,000万画素
  • 4K 30p~動画
  • 最大飛行時間:約30分
  • 機体重量:約1,388g~

DJI Inspire 2 (Zenmuse X5S 使用)

  • 4/3インチCMOS 2,080万画素
  • 4K 60p動画
  • 最大飛行時間:約27分
  • 機体重量:約3,440g

赤外線カメラによる
インフラ点検や太陽光パネル検査、
外壁の劣化診断

見えない情報を視覚化 FLIR社製サーマルセンサーにより、
わずかな温度差を視覚化し、肉眼では確認できない詳細な状況を表示します。設備や建物の被害状況や行方不明者の捜索など、
これまでは目視不可能だった情報を、可視化できます。

電源検査

ソーラーパネル検査

調査およびレスキュー

精密農法

消化活動

使用する機体

DJI Matrice 210 RTK
  • 保護等級:IP43の高耐久性
  • 最大飛行時間:約38分
  • 機体重量:約4.53kg
Zenmuse XT2(赤外線カメラ)
  • 保護等級:IP44の高耐久性
  • 高度放射測定サーマルセンサーと
    4Kビジュアルセンサーを搭載

インフラ点検の調査

光学・デジタルズーム可能な高性能カメラを搭載した空中
ドローンを使用し高圧線など様々な施設や設備の劣化状況
を撮影いたします。

使用する機体

DJI Matrice 210 RTK
  • 保護等級:IP43の高耐久性
  • 最大飛行時間:約38分
  • 機体重量:約4.53kg
Zenmuse Z30(30倍ズーム)
  • 30倍光学ズームと
    6倍デジタルズームを搭載した
    総合倍率最大180倍のズームカメラ

上空写真を使用した
工事記録や街並みの記録映像

大型ヘリコプターより安価で衛星写真より鮮明に上空から
の写真を撮影いたします。

使用する機体

災害直後の状況把握

災害発生後、国土交通省により提示された「無人航空機による災害応急対策活動(撮影等)に関する協定」を遵守し空中ドローンで災害時の状況を撮影いたします。

使用する機体

DJI Phantom4 Pro / Pro +

  • ・1インチCMOS 2,000万画素
  • ・4K 60p動画
  • ・最大飛行時間:約30分
  • ・機体重量:約1,388g

DJI Inspire 2 (Zenmuse X5S 使用)

  • 4/3インチCMOS 2,080万画素
  • 4K 60p動画
  • 最大飛行時間:約27分
  • 機体重量:約3,440g

交通渋滞の写真撮影

上空から撮影することで交通渋滞の状況などを
確認することができます。

DJI Phantom4 Pro / Pro +

  • ・1インチCMOS 2,000万画素
  • ・4K 60p動画
  • ・最大飛行時間:約30分
  • ・機体重量:約1,388g

撮影料金

一日単位の料金設定をしておりますが撮影内容や撮影場所等により異なります。
また、事前の下見等が必要となります。
撮影料金には事前下見費用及び当日撮影の交通費・燃料費・宿泊費等の実費分を別途ご請求させていただきます。
詳しくはお問合せください。

撮影までの流れ

お問い合わせフォームよりご希望の撮影の内容を具体的にお知らせ下さい。
スタッフより折り返しご連絡いたします。

撮影日当日の飛行条件とリスク

  1. 弊社撮影専門スタッフが、撮影できない・安全に操縦できないと判断した場合は、撮影を中止させていただきます。
  2. 上空の視界が良好かつ風速が地上で毎秒5m程度であることが飛行撮影を行うための条件です。※風速が毎秒5m超えてもドローン自体の飛行は可能ですが映像にブレ等が生じる場合がございます。
  3. 撮影当日に天候に問題がなくとも撮影予定時刻に急に天候が変化した場合(雨や風速など)は、安全面から飛行できませんので予めご了承ください。
  4. 雨天(小雨含む)や濃霧の空撮は危険を伴うため行う事ができません。
  5. 海上や水上での空撮は機体に塩分などが付着するためメンテナンス料金を別途お支払いいただく場合もあります。

諸注意事項

  1. 高速道路、鉄道(駅周辺を含む)、空港の近隣、電波障害が考えられる場所、公共交通機関、幹線道路付近、それらを横切るような場所での撮影やプライバシーの侵害、反社会的行為にあたる撮影は行う事ができません。
  2. 建物や車両及び土地の真上を通過及びホバリングする場合は、土地等の所有者及び建て主の許可が必要となります。
各種クレジットでお支払いできます!
各種クレジット 画像